職務経歴書サンプルは役立ちますか?

MENU
職務経歴書サンプルは役立ちますか?

転職の選考の際にはほぼ職務経歴書が必要になるので、職務経歴書を作成しなくてはなりません。

 

ところがいざ職務経歴書を作成しようとすると、どんなことを書いていいのか分からないという問題に直面します。

 

そこで役に立つのが職務経歴書のサンプルです。

 

職務経歴書のサンプルを見れば、どんなことを書いたら良いのかがすぐ分かります。

 

ここで注意したいのは中身です。

 

職務経歴書のサンプルは仕事ができる人をモデルにしているというケースが見られるので、自分の経験に置き換えて職務経歴書を作成する必要があります。

 

ですので、自分の経験とあまりにかけ離れていても気にする必要はありません。

 

むしろ自分のアピールしやすいように改造した方が、採用する側が抱くイメージもよいので、積極的に職務経歴書のサンプルを改造して作成してください。

職務経歴書サンプルの内容を真似してよいのか?

一つ目の質問で、「自分の経験に置き換えて職務経歴書を作成する必要があります。」と書きました。

 

つまり、職務経歴書サンプルに書いてある内容をそのまま拝借してはいけません。

 

転職初心者の場合、職務経歴書の内容を真似したくなるものですが、真似をしてよいのはあくまで、書き方と魅せ方です。

 

なぜ、この書き方と魅せ方の真似を勧めるのかというと、書類選考の通過、ひいては内定へと繋がるからです。

 

転職初心者が職務経歴書を初めて作成して、「よし!できた。良い出来栄えだ」と自画自賛しても、採用する企業の側から見たら、どこの会社にでも通用するような金太郎飴みたいな職務経歴書だなとか、うちには全く合っていないなと思われてしまうのがオチです。

 

そうならないためにも、自分のキャリアに近い職務経歴書サンプルをじっくりと何サイトも探し回って見つける必要があります。

 

真似するサンプルを間違って選んでしまったら、書類選考に落ちてしまい、せっかくの努力の意味がなくなってしまいます。

 

そうして見つけた職務経歴書サンプルを自分なりの言葉に置き換えてしまい、オリジナルの職務経歴書を作成すればよいのです。

Q&Aのまとめ
  • 職務経歴書サンプルは役に立つ。自分の経験に置き換えるのがキモ。
  • 職務経歴書サンプルの真似をしてよいのはあくまで、書き方と魅せ方
このエントリーをはてなブックマークに追加