職務経歴書サンプルの通りに作成する必要はありますか?

MENU
職務経歴書サンプルの通りに作成する必要はありますか?

転職の経験からいうと、職務経歴書には決まったフォーマットはないので、自分の思った通りに作成して構いません。

 

職務経歴書サンプルを選ぶのであれば、自分の経歴・志望に近そうなものをダウンロードすれば良いかと思います。

 

大事なのは「何ができるのか」をアピールすることなので、職務経歴書サンプルの通りではなく、自分のアピールがしやすいように職務経歴書サンプルを作り替えていきましょう。

 

細かく見ていくと、職務経歴書は「今まで何をやってきたのか」「何が出来るのか」を書く書類なので、自分の職務経験に悲観せず、志望企業の仕事に少しでもアピールできそうなことはきちんと書きましょう。

 

履歴書のとの棲み分けも大事で、資格を例にとると、どんな資格を取ったのかということは履歴書に書き、その資格を活かして業務に貢献したことなどがあれば、職務経歴書に書くとアピールすることができます。

 

職務経歴書サンプルでは最初に希望職種を書いてあるものもありますが、それは履歴書に書いておけば問題ないでしょう。

 

逆に、志望動機は職務経歴書参照という形で、職務経歴書に書く方が良いです。

 

ということで職務経歴書サンプルに捉われずに、自分の思った通りに職務経歴書を作成しましょう。

志望動機や自己PRが冒頭に来る職務経歴書でもいいの?

先の質問で、「自分のアピールがしやすいように職務経歴書サンプルを作り替えていきましょう。」と書きました。

 

まさにその通りで、簡潔に書かれているという条件付きですが、職務経歴書の冒頭に志望動機や自己PRが来る形でも問題はありません。

 

志望動機や自己PRが冒頭に来る形であれば、この人はやる気があるなと採用担当者に思われるので、良いと思います。

 

そもそも職務経歴書は書式が決まっているものではないので、自由に書いてよいのです。

 

ただし、職務経歴の部分を最初に持ってきてしまうと、長々とした文章を採用担当者は読まされてしまうことになるので、職務要約、志望動機、自己PRの何れかを最初に書く形の方が、メリハリが効いていて、その先も読み進めてみようという気になって良いと思います。

Q&Aのまとめ
  • 職務経歴書はサンプルの通りに作成する必要はなく、自分がアピールしやすい形で書けばよい
  • 簡潔に書かれているのであれば、志望動機や自己PRが冒頭に来る職務経歴書でもよい
  • 採用担当者が読みやすい職務経歴書を心がける
このエントリーをはてなブックマークに追加