職務経歴書サンプルに書かれているような立派な経歴はないけど大丈夫?

MENU
職務経歴書サンプルに書かれているような立派な経歴はないけど大丈夫?

確かに、優秀な経歴が書かれている職務経歴書サンプルを見ると、やる気をなくしてしまいそうになりますね。

 

でも、心配する必要はありません。

 

優秀な経歴があるからといって、書類選考に通過するとは限りません。

 

肝心なのは自分の職務経験の表現の仕方です。

 

ただ単に職務経歴を羅列した内容の職務経歴書では、採用する側も評価のしようがありません。

 

応募する企業に注目してもらえそうな経験をピックアップして、職務経歴書に記載することが必要です。

 

ですので、職務経歴書サンプルをダウンロードしただけでは意味がありません。

 

職務経験の棚卸しや企業研究も並行して取り組む必要がありますよ。

 

ここで注意したいのは、嘘をつかないということです。

 

職務経歴書サンプルの内容が立派だからそれに合わせて、自分の職務経験に嘘をまぜても、採用する側は数多くの職務経歴書を見てきているので、バレてしまいます。

 

嘘はいけないけど、表現の仕方を工夫するために、複数の職務経歴書サンプルを参考にしましょう。

職務経歴書の内容を盛り過ぎたらどうなりますか?

あなた自身が苦しむことになります。

 

どう苦しむのかというと、面接の際に採用担当者からいくつもの質問がなされますが、その一つ一つを、「ちょっと盛り過ぎたかな」と気にしながら答えなければならず、非常に疲れます。

 

上手く乗り切ったとしても、二次面接、最終面接と同じ苦しみを味わなくてはなりません。

 

これが嘘を言っていたとしたら大問題です。

 

嘘を言って入社できたとしても、その嘘がばれたらクビです。

 

つまりは、最終的に自分が苦しまなければならないような状態になるのであれば、バカ正直になる必要はありませんが、正直に職務経歴書を作成しましょう。

 

一つ目の質問でも答えましたが、採用する側にとっては盛っているとか嘘をついているのではないかというのはなんとなくでも分かります。

 

表現の仕方のさじ加減を知りたいのであれば、転職エージェントに登録をして、転職アドバイザーにチェックしてもらうのが良いでしょう。

Q&Aのまとめ
  • 職務経歴書の内容を盛ったり、嘘を書いたりしても採用担当者には何となくバレる
  • 職務経歴書の書き方やうまい表現の仕方を知りたいなら転職エージェントに相談する
このエントリーをはてなブックマークに追加