キャリアが浅い場合の職務経歴書サンプルの選び方

MENU

キャリアが浅い場合の職務経歴書サンプルの選び方

キャリアが浅い場合、転職をするのが初めてという人が多いのではないでしょうか。

 

そんな皆さんが困るのが、職務経歴書の書き方です。

 

どうやって職務経歴書を書いたら良いのか分からないので、職務経歴書サンプルを参考にして職務経歴書を作成したいと考えている人が多いです。

 

そこで気をつけたいのが、職務経歴書サンプルの選び方ですが、

 

  1. キャリアが浅い人向け、第二新卒向け
  2. 職務経験が豊富な人向け(部分的に参考にする)

 

まずは、この2つのどちらかに該当する職務経歴書サンプルを選んで、オリジナルの職務経歴書を作成するようにしてください。

 

キャリアが浅い人向け、第二新卒向け

大学卒業後、早期離職したり、キャリアが浅い20代であれば、キャリアが浅い人向けの職務経歴書サンプルを選ぶのが無難です。

 

なぜなら、経験の少なさをカバーした内容になっていたり、過去の若年層の転職データーを元に構成されているからです。

 

職務経験が豊富な人向け(部分的に参考にする)

職務経験が豊富な人向けの職務経歴書サンプルでも参考にならないことはないのですが、職務経験の差で職務経歴書に書ける量が変わってくるのでキャリアが浅い人向けの職務経歴書サンプルを選びましょう。

 

どうやって手に入れればよい?

肝心のキャリアが浅い人向けの職務経歴書サンプルをどうやって手に入れるかですが、大手の転職エージェントが提供しているものを利用しましょう。

 

具体的には、リクルートエージェント、DODA、Spring転職エージェントの職務経歴書サンプルがおすすめです。

 

キャリアが浅い人は職務経歴書に書ける量が少なくなりがちなので、場合によっては自己PR書や志望動機書も加えるとよいでしょう。

 

作成した職務経歴書はすぐに応募に使うのではなく、転職エージェントでも個人の転職アドバイザーでもよいので、チェックしてもらうことをおすすめします。

 

以上のまとめ
  • キャリアが浅い人向け、第二新卒向けの職務経歴書サンプルを選ぶ
  • リクルートエージェント、DODA、Spring転職エージェントなど大手の転職エージェントサイトから職務経歴書サンプルを手に入れる
このエントリーをはてなブックマークに追加