職務経歴書の各項目のカスタマイズのポイント

MENU

職務経歴書の各項目のカスタマイズのポイント

職務要約

職務要約とは何ぞや?と思う人もいるかもしれませんが、簡単に言うと、何の会社で何の職種で、どういう仕事・プロジェクトをしてきたのかを200〜300字以内でまとめた文章になります。

 

ポイントとしては、具体性を持たせる記述をすることです。

 

数字を用いると内容に具体性が増します。

 

また、「××しました」よりも「△△して○○の成果がX倍に増えました」の方が、どういう行動をして、どういう結果が出たのかが分かるので具体的です。

 

当然ですが、嘘を書くのはいけません。

 

書類選考で何とかなっても、面接でボロが出ますよ。

 

職務内容

ポイントは、コンパクトに書くこと。

 

複数社経験している場合には、職務経歴書2枚でまとめようとするとスペースが限られてくるので、アピールするプロジェクトの数を調整したりします。

 

記載する内容はプロジェクト成功という結果だけではなくて、その過程が分かるように書くと採用担当者もイメージがしやすくなります。

 

自己PR

抽象的ではなく具体的なアピールが鍵です。

 

コミュニケーション能力は面接での会話で分かるので、スキルや能力がどのように活かせるのかを具体的だけど簡潔に記載しましょう。

 

志望動機

どの会社にも通用するような志望動機では志望度が疑われてしまいます。

 

結論、根拠、根拠の補足説明、志望企業でどう貢献できるのかを意識して志望動機をまとめましょう。

 

関連ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加