自分に合う職務経歴書のスタイルを探す

MENU

自分に合う職務経歴書のスタイルを探す

職務経歴書のサンプルをダウンロードする前にしておきたいのが、自分に合う職務経歴書のスタイルを確認しておくことです。

 

なぜ職務経歴書のスタイルを確認しておかないといけないのかというと、アピールしきれない職務経歴書を作成してしまうのを防ぐためです。

 

例えば、新卒で入社して以来一社だけしか職務経験がない人と、複数の会社を渡り歩いている転職歴のある人では、職務経歴書の書き方が変わってきます。

 

転職歴のある人、特に転職歴の多い人は普通に職務経歴書を作成していると、職務経歴書の枚数が膨大になってしまいます。

 

応募者が多ければ多いほど、採用担当者の職務経歴書を見る時間は限られてくるので、まとめきれていない職務経歴書というのは致命的です。

 

では、どういった職務経歴書のスタイルがあるのでしょうか?

 

職務経歴書のスタイルは大きく分けて2つあります。編年体形式とキャリア形式です。

 

編年体形式は自分の職務経験を年代順に書くというもので、職務経験の浅い人や一社だけの人に向いている職務経歴書のスタイルです。

 

キャリア形式はこれまでの職務経験を分野別にまとめたり、プロジェクトごとにまとめるというもので、専門スキル・実績をアピールしたい人や転職歴の多い人に向いている職務経歴書のスタイルです。

 

以上の職務経歴書のスタイルを確認しておけば、職務経歴書のサンプルが探しやすくなります。

 

関連ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加