キャリアの棚卸しをする

MENU

キャリアの棚卸しをしよう

職務経歴書のサンプルをカスタマイズする前に終えておきたいのが、キャリアの棚卸しです。

 

「自分に合った構成にしよう」にもある通り、限られたスペースで採用担当者にアピールをしなければなりません。

 

従って、キャリアの棚卸しをして自分のどの経験が良いのか?を取捨選択できる状態にしておくことは大事なのです。

 

どうやってキャリアの棚卸しをするかですが、簡単です。

 

今までに携わってきた仕事について時系列で書き出していきましょう。

 

例としては、

 

200X年〜200X年 株式会社A Web管理スタッフ
1.リスティング広告の運用管理
2.モバイル広告のメディアプランニング
3.自社ホームページの管理

 

200X年〜20XX年 株式会社B SEMコンサルタント

 

1.リスティング広告のコンサルティング
2.その他Web広告の運用管理

 

ここで、1社目の職務経験を掘り下げてみます。

 

1.リスティング広告運用管理の業務内容
企画立案、効果検証、クライアントへのレポーティングなど一連の業務を担当
クライアント獲得は営業に同行と紹介。
クライアント数50社でアカウント数はヤフーリスティング広告が50、アドワーズが50の合計100アカウント。
予算は管理費込で合計6000万円

 

2.クライアント獲得の経緯(例)
営業代理店からの紹介で、他の広告代理店で運用を依頼しているが、
成果が思わしくないので代理店の変更を考えているクライアントに原因と今後の対策を含めた提案をする。
他の代理店よりも優れた提案だったので受注が決まる。

 

3.結果
運用開始当月から前広告代理店の実績の倍の訪問数を記録し、
半年後には10倍にまで伸びた。営業代理店から他のクライアントの紹介も増えた。

 

4.感想
訪問数を増やす方法を考える中で、
キーワード選定スキルやコピーライティングスキルも上がり、
紹介も増えたので満足している

 

 

以上のような形で、キャリアの棚卸しを行います。

 

関連ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加